情報セキュリティ・個人情報保護

eラーニングコースTOP

全コース一覧

情報セキュリティ・
個人情報保護

導入フロー・お申し込み

  • 法人のお客さま 導入までの流れ
  • 個人のお客さま 導入までの流れ
  • eラーニング受講環境

情報セキュリティシリーズ
ウイルス感染を最小限に抑えるために

特 長

ウイルス感染を最小限に抑えるために
  • スマホ対応
  • アニメーション
  • カスタマイズ
企業や官公庁を狙ったサイバー攻撃は増えています。こうした攻撃によりウイルス感染し、深刻な被害を受けた事例も少なくありません。ランサムウェア、標的型攻撃メールなど、攻撃の手口も日を追うごとに多様化し、巧妙化しています。大切な情報資産を守るためには、従業員一人一人がサイバー攻撃について必要な知識を持ち、攻撃対象の当事者として高い意識を持ち続けることが何より重要です。

本eラーニングコースでは、サイバー攻撃によるさまざまなウイルス感染経路と、それを防ぐために従業員が心がけるべき行動について解説しています。また、万が一自身のパソコンがウイルス感染してしまった場合に、なるべく早く気づき、被害を最小限に食い止めるための対処法についても紹介しています。
さらに学習後には、習得した知識を確かめるテストに加え、ウイルス感染した場合に最初に取るべき行動である“ネットワークからの切り離し”を実践する訓練も行えます。
対象
  • コンピュータシステムの全利用者
    (経営者、管理者、社員、派遣社員、アルバイト)

3ステップでリスクを最小限に抑える

最新の手口を知り防御するための行動を理解する
ウイルス感染を最小限に抑えるために
納得!実践!情報セキュリティ
感染した場合にすぐに気づくための知識を持つ
ウイルス感染を最小限に抑えるために
納得!実践!情報セキュリティ
速やかにネットワークから切り離し被害を抑える

カリキュラム

第1章 最近のウイルス感染事例
第2章 ウイルスの感染予防
  • 1.ウイルスの侵入経路
  • 2.ウェブサイト閲覧による感染
  • 3.ウイルス付きメールによる感染
  • 4.USBメモリ等の外部記憶媒体による感染
第3章 ウイルスの拡散防止
  • 1.パソコンがウイルスに感染すると
  • 2.ウイルス感染時の症状と対処
  • 3.ネットワークの遮断方法
  • 4.ネットワーク切り離し訓練について
修了テスト

標的型攻撃メールの教育・訓練との複合学習

「標的型攻撃メール」に特化した学習コース、配信訓練もご提供しています。
これらと本コースを組み合わせることで、より効果的な教育訓練を実施することが可能です。

料 金

  • 法人様でお申込の場合、ご利用人数に応じて御見積書を
    発行いたします。
    ※ボリュームディスカウント制度がございます。
  • 教材のカスタマイズも対応可能です(別途費用)。
    ご要望の内容に応じて御見積させていただきます。
標準学習時間 30分
料金(円/人) ¥2,000(税抜)
受講期間 3ヶ月
  • 法人さまお申し込み